水道水で作るから簡単!しかも美味しくて安いおすすめ水出し茶

ウォータースタンドを使いはじめてから、手軽に作れる水出し茶を毎日利用するようになりました。

作り方は、ティーパッグをお水にいれて、冷蔵庫で数時間置いておくだけ。浄水器を通したお水を使用してるため、クセがなく本当に美味しい冷茶が出来上がります。

甘みや旨味が増して、さらに渋みや苦みが少なるので大変飲みやすくなります。それに、ペットボトルのお茶よりも美味しいですし、とっても経済的なので気に入ってます。

それに、水出しにすることで、お茶に含まれているビタミンCをきちんと摂取できますし、カフェインやカテキンの発生を抑制してくれるので、味もまろやかになりますし、鉄分欠乏症の方にも向いています。

最近では、溶けた氷のしずくでゆっくり抽出する氷だし茶や、果物の甘さが加わったものなどもあります。

いろいろ試してみて口に合ったのが、緑茶ですとトップバリュー「国産茶葉使用緑茶ティーパッグ」、麦茶ではライフナチュラル「有機麦茶」、ウーロン茶では伊藤園「ウーロン茶ティーパッグ」です。

温かいお茶が飲みたい時は、すぐ飲むことができる粉末のものが今お気に入りで、スマイルライフ「抹茶入りお手軽緑茶」を愛飲しています

水出しタイプのものには、旨味や甘みが出にくい商品もあるので、自分好みのものをぜひ選んでみてください。

 

 

 

炭酸水が作れる浄水器が便利

最近、我が家でも炭酸水を食卓に取り入れました。お料理や美容に大変嬉しい効果があるからです。

はじめは、ペットボトルのものを購入していましたが、炭酸水を自宅で作れるサーバーを愛用しています。私のお友達は、浄水器に炭酸水を作る機能がついていて、大変便利なのでいいなあと思っています。

料理では、お米を炊くときに、お水を炭酸水に換えることで、とてもふっくらと美味しく炊き上がります。また、鶏肉などお肉の蒸し料理のときに炭酸水を使うことで、お肉が大変やわらかくなります。そして、炭酸水は臭みやヌメリを取ってくれるので、お魚の下処理に洗ったりするのに使用すると便利です。

また、炭酸水を飲むことで胃の粘膜を刺激して、ぜん動運動がとても活発になり胃が収縮するので、便秘解消にも効果がありますし、消化を助ける作用もあります。まれに、下痢になってしまう方もいますので、飲みすぎには気をつけましょう。

最近、炭酸の入浴剤も人気がありますが、炭酸水には血液促進効果もあります。炭酸水に浸かると、皮膚から炭酸ガスが入ってきて、血液中の二酸化炭素がふえることで血管が広がります。二酸化炭素などの老廃物を押し流してくれるため、血行が促進して、体もよく温まって新陳代謝があがり美肌効果もあります。血管が広がるので、高血圧を下げる働きもありますし、疲労回復に役立つので、多くのスポーツ選手もつかっています。

炭酸水のお風呂に入浴する際は、38度くらいのお湯に20分から30分長く入ることがポイントです。炭酸水に浸かることで、ウィルスやがん細胞を退治してくれるナチュラルキラー細胞も活性化されるそうです。

また、炭酸水の二酸化炭素は、汚れや油とくっついて運び去る働きがあるので、炭酸ヘッドスパがヘアサロンでも大変人気があります。地肌がすっきりするので、私も大好きです。炭酸シャンプーという商品もいまは出ています。

ダイエットにも利用できて、食事の前に常温の炭酸水を500ml飲むことで、胃の運動を抑えて食べる量を減らす効果があるそうです。

炭酸水には、いろんな効能がありますので、上手に生活のなかに取り入れていきたいです。いろいろな用途に使用すると結構な消費量になるので、自宅で簡単に炭酸水が作れるマシーンや浄水器が便利です。

 

浄水器の種類とお手入れ

いま家庭用浄水器の普及率は、およそ36%もあるそうです。
安全性や健康、水の味にこだわる方が多くなってきたのでしょう。

わざわざ浄水器を買わなくても、スーパーでペット入りボトルを安く買うこともできますが、水ものですので重量がありますし、空きボトルのゴミも結構な量になってしまうため、思い切って浄水器やウォーターサーバーへ切り替える方も多いです。

浄水器には、蛇口直結型と水栓一体型、据え置き型、ポットピッチャー型があります。

蛇口直結型は、小型のものが多いため、簡単に水道口へ取り付けることができて安いので、一番家庭で使われているタイプです。ただ、コンパクトなのでカートリッジの寿命が短いので、マメに交換する必要があります。

水栓一体型は、蛇口の内部にフィルターカートリッジが入っているもので、マンションでよく使われているタイプです。このタイプもカートリッジの寿命が短く3ヶ月程度です。

据え置き型は、浄水器本体と蛇口がホースでつながっていて、本格的に浄水できるタイプです。値が張りますが、ろ過流量が大きく、フィルターは1年くらい持ちます。

ポットピッチャー型は、ブリタのようなタイプで、持ち運びもできるのでキャンプや屋外など、どこでも使うことができるので便利です。2ヶ月ごとにカートリッジを交換します。

浄水器は、定期的にフィルターを交換したり、お掃除が必要です。

とくに、意外とお掃除をしない方が多く、カビや汚れがひどいお宅も多いそうです。

いま浄水器をお使いの方は、一度使用説明書を確認して、正しいメンテナンスを行ってみてください。

浄水器をつかった水の確保

今年は、台風の被害や北海道胆振東部地震など、日本のみならず世界中で深刻な自然災害が多発しています。
いままでですと、地震にそなえて一般的な避難セット一袋のみ常備していた我が家も
停電や断水にもある程度対応できるくらいの備えを準備することにしました。

一日ひとりあたり飲料に必要な水は、2~2.5リットル。すこし余裕をもたせると、3リットルくらいです。
1歳未満の赤ちゃんですと、一日1リットルほど。

なので、うちは二人暮らしなので、1週間42リットルくらい必要なことになります。
2リットル入りのボトルを21本ですから、箱6本入りが4箱ほどになるので、物置につねに置いておける量ではあります。
賞味期限もありますので、古いものから使っていってその分買い足す、ローリングストック法が良いでしょう。

水道水をくみ置きする場合は、冷蔵庫のなかで10日、常温では3日間保存できるので、日付を書いて賞味期限がきれたら、お洗濯やお掃除などに利用します。

浄水器を通した水は、塩素が除去されてますので、保存には向いていません。

ウォーターサーバーの水は、開封後は10日から30日間大丈夫です。未開封でしたら、製品にもよりますが、半年から1年の賞味期限があります。

飲み水は、綺麗なものにしたいですから、ペットボトルやウォーターサーバーを利用して、トイレや手洗に使う分は、水道水のくみ置きでまかなうのが理想です。ちょっと手間ですが、便利な防災用ウォータータンクもありますので、3日に一度、取り替える習慣にしました。

我が家では、以前キャンプで使っていた蛇口式ポリタンクがあったので、それを3日に一度水を取り替えて使っています。

調べてみますと、ソフトタイプの折り畳み式や飲み水用の抗菌素材のウォータータンクなど、20リットルの容量でも1000円以内で購入できるものもあります。

また、水筒くらいのサイズの携帯用浄水器も便利です。放射能物質など不純物をすべて除去してくれるので、万が一飲み水がなくなってしまったときに役立ちます。6千円ほどで購入できます。

お風呂の湯船の水も災害時には活用できますので、入浴後捨てずに残しておくのも有効です。

備えがあれば安心ですので、習慣にしてみると良いでしょう。

白湯を飲むメリット

お水の飲み方として、私も実践してる白湯(さゆ)についてご紹介します。

白湯は沸かしただけお湯のことですが、白湯健康法といわれるほど効果のある飲み方です。

カラダを温めて血行をよくたり、便秘解消、冷え性改善、胃腸の弱い方の緩和、生活習慣病予防、デトックス、ダイエット、免疫力アップの効果があります。

白湯の作り方は、ケトルにお水をいれて10~15分沸かして、それを保温ポットなどへ入れて保存します。

飲み方はコップ一杯を少しずつゆっくり飲みます。前にお話ししたお水を飲むタイミングに白湯を飲むと良いでしょう。

白湯の効能は、インドに伝わるアーユルヴェーダから来たもので、白湯を飲むことでカラダの三要素のバランス整えることができるため健康になるのだそうです。

せっかくお水を毎日飲むのでしたら、白湯にして飲むことをおすすめします。

 

使うほどに良さを実感できる浄水器ウォータースタンド

健康や美容のために、一日1.5リットルの水を飲むことが大切だと前回お話しました。

毎日実践しますと、二人暮らしですと飲料水として3リットル、またお茶やコーヒーにもボトルウォーターを使用していたので、大きな2リットルのボトルウォーターを毎日2本は消費していました。

ひと箱6本入れでしたので、一週間で3箱半。娘が孫たちを連れてきたときは、ミルクを作ったり白湯を飲ませたりと大量消費するため、狭い物置に山積みにしてストックしていました。ゴミもかなりの量でした。。

以前から水道口に取り付けて使っていた高品質の逆浸透膜浄水器は、お料理やお味噌汁につかっていましたが、ついつい一年に一度のフィルターカートリッジ交換を忘れてしまったり、いつ取り替えたのかわからなくなってちょっと面倒を感じていました・・本来ならもっと飲み水やコーヒー、孫のミルクにも使えたはずでしたが、カートリッジ交換をうまく出来なかったせいで、衛生面でちょっと不安があって利用しなくなっていました・・高価な機種だったのに、今思えばもったいないことをしたと思ってます。

 

それから、娘が新居へ引っ越したときに取り付けたレンタル浄水器がとても便利そうだったので、うちもこちらの製品に切り替えました。一番悩みだったフィルター交換を自分でしなくて良いところが気に入りました。衛生面できちんと安心して使えるものじゃないと長続きしないので、プロの方が定期的にメンテナンスに来てくれるので助かってます。数機種あるうち、我が家が選んだのはウォータースタンドのプレミアムラピアステラです。

清潔を一番大事にしたいので、自動除菌機能がついてるこの機種にしました。抽出口やタンク内も常に綺麗にしてくれるので孫たちにも安心して飲ませてあげられます。浄水機能も水分子以外ほぼすべての物質を除去できる高性能なので、もうペットボトルはやめてこのウォータースタンドだけでまかなっています。

フィルターはいつも綺麗ですし、自動で中の除菌もされるので、売ってるお水と同質のピュアウォーターがボタン一つで冷水・温水でつかえて、とっても便利で毎日が楽しいです。やっぱり水は私たちに欠かせない大事なものなので、低価格でこんなに贅沢な使い方ができるサービスは本当に有難いと思います。

我が家が愛用してる浄水器は、「ウォータースタンド口コミ」で紹介されています。テレビでも見かけるので知ってる方も多いかもしれません。

健康なカラダはお水を飲んで体内の循環を良くすることと、また運動やお風呂につかって体を温めることも非常に大事だと実感しています。また次回、続きをおはなしします。

 

 

 

健康によい水の飲み方

前回、健康に欠かせない水のおはなしをしました。

その大事な水分も悲しいことに年を取るとともに減少していまします・・骨もおよそ30%は水分で作られていますので、骨というとカルシウムだけ気にしがちですが、水の補給も忘れてはいけません。

まさに、健康な体づくりに欠かせない水ですが、実際どのように摂取するのが一番効果的かというと、まず朝起きたときに水をコップで一杯飲むことです。そうすることで、胃腸の働きが良くなり便秘の解消になります。

それから、食事前にも水を飲むことで空腹を落ち着かせ食べ過ぎを防ぐ作用もあるのでダイエットしたい方にもおすすめです。

食事中にお水を飲む方が結構いらっしゃいますが、消化にあまりよくないので気をつけましょう。

寝起き、朝食前、ランチ前、15時ころ、夕食前、入浴前、寝る前と一日7回コップ一杯水を飲みことで、一日必要な摂取量1,5リットルにだいたいなります。一気に大量に飲むのではなく、こまめに摂取することが大切ですので、ぜひ今年からの新習慣にしてみてください。

スーパーへ行くと国内や世界中の水が売られていて、どれにするか迷うほどです。

やはり日本人には馴染みのある軟水がとても飲みやすいですし、カルシウムやマグシウムなどミネラル豊富なヨーロッパの硬水は、非常に飲みにくく感じられます。ですが、ヨーロッパ人は水から体に必要なミネラルを摂取するため、意識的にミネラルウォーターを飲むのだそうです。日本人はミネラルが不足しがちだと言われてるので、健康や美容に敏感な方は、よくフランスの「コントレックス」を飲んでいます。

また、かなり人気になった水素水は、私は10年以上前に愛用していました。信憑性などいろいろ言われていますが、実際疲れにくくなったなと実感できたので、効果があると信じています。

せっかく飲むなら美味しくそして体に良いものが良いので、自分の好みにあうものを探して、長く習慣として続けることが大事だと思います。きっと体調の変化に気がつくはずですよ。

健康と水

東京都世田谷区成城在住の節子です。

いまは退職して主婦をしておりますが、以前は大手料理学校の講師や病院の栄養管理士の仕事をしておりました。
もう70代半ばですが、幸いおおきな病気もせず、夫婦で海外旅行や週末の田舎暮らしなど楽しむことができているのは、スポーツや健康食品に頼らずとも、毎日のバランスの取れた食事や規則正しい生活習慣のおかげだと思っています。

そのなかで一つこだわりがあるとすれば、水でしょうか。結婚して家族を持ったばかりの娘が使い始めたミネラルウォーターや浄水器を私も一緒に愛用して、もう10年以上経ちます。料理学校や病院、レストランでは、大型の浄水器を導入してるところもありましたので、贅沢ではありますが国内大手の浄水器を愛用しています。一時期、水素水も飲んでいました。

お水は皆さんもご存じのとおり、大人の体重のおよそ6割が水分でできています。食べたものの栄養や代謝物を運んだり、体温調整をしたりと、水は健康にとって非常に大切な役割を果たしています。だいたい大人が一日に必要な水は2.3リットルですので、少なくとも1.5リットルを飲料水として摂取するのが理想といわれています。

主人と私は、朝食にまずグラス一杯の水、グラス一杯のジュース、コーヒー一杯を摂ります。起きてすぐの水一杯がとてもカラダに良いと聞きますよね。あとは、昼食前のコーヒー、夕食後のお茶。食事中に少しだけ炭酸水も飲んでいます。
また、旅行中や長距離ドライブのときは、ミネラルウォーターボトルを常に持参して、意識的に飲んでいます。なぜかというと、水分の不足によって熱中症や脱水症によってお向かいさんが救急車で運ばれたことがありまして、それから主人も私も気をつけるようになりました。でも、飲みすぎも中毒になって体調不良の原因になるので、極端な飲み方はしないように気をつけてます。だいたい、日中コップ一杯を2時間おきに飲んでいます。またお風呂の後や寝る前の一杯も疲労回復にとても良いらしいので毎日摂ってます。

これから健康と水に関することをメインに綴っていこうと思います。
また次回よろしくお願いいたします。